理事会より

7/12 定例理事会(第5回)

 

 日時 :7月12日(金) 19:30~21:15
 場所 :愛農学園内ログハウス
 参加者:前田・村山・岩田・大原・伊藤・小倉・葛原・山本和・

     今泉・山田(三重県・オブザーバー)・大塚(記録)

 

○事業報告~検討事項
 ▼補助事業関連計画
 ― 7/1付で事業開始(事前着工)借入/ 7/12に手続完了。

 事業の内容及び計画の確認
 1、 本事業の推進に関する検討
 ① 地域内生産者・農産物に関する継続調査取組紹介資料の作成
   有機農業者の情報を収集し、農水省に提出。

   パンフレット追補作成。
 ② 有機農業推進に関する先進地視察
   現時点では冬の鹿児島有機生産組合訪問を検討。


 2、 安定供給力強化の取組
 ① 可給態窒素の簡易測定~施肥適正化実証試験および

 周辺関連技術に関する情報収集
   福広氏らが取り続けたデータを整理し、

   生産者が使用できるレベルまで完成度をあげる。

 ② 技術交流・講習会開催・栽培マニュアル整備
   先端技術、生産者同士の技術の情報交換会など、

   技術交流会を開催。

 3、 産地販売力強化の取組
 ① 販売体制整備

  (農産物一覧・カレンダー製作・実需者へ情報提供)
   インターネット上で生産者が今何を生産し、どのくらいの

   量を供給できるかなどの、情報がいつでも見られるような、

   生産情報の発信システムを開発。


 ② 加工品の試作・マーケティング
   野菜飴や新しく出てくるアイディア品の開発・製造費用等。

 
 ③ ブランド形成

   伊賀の有機農業のブランドイメージを確立するための費用。

 ④ グリーンツーリズムの企画と試験運営
   観光協会、商工会議所との連携を視野に入れ、都会の人を

   田畑に呼び、泥にまみれてもらうようなイベント試験実施。


 ⑤ 有機農業推進に関わる一般向け講習会等の開催
  (各種講演、料理教室、食育活動等)
   学校給食への食材提供、オーガニックフェスタ開催


 4、 有機農業者育成力強化の取組
 ① 新規参入講習会実施/有機JAS取得支援講座

 ② 相談窓口の継続設置・就農フェア等のブース出展、

  対外的な情報コンテンツ制作、慣行栽培から有機への転換促進

 

 ▼販売促進
  ― 7/4 第3回販売部会の報告
  → 別紙議事録参照

 

 ▼技術開発・普及
  ― 理科勉強会(最終7/19)→資料や動画の無償配布継続

  ― 地力測定プロジェクト経過報告~7/9三重県打合せの概要


 →地力測定プロジェクト経過報告

 →特許申請
  話題作りも含め、海外への技術輸出も視野に入れる。 

  可給態窒素を織り込んだ施肥設計システムを提供する。

  申請費用50万円。伊賀ベジタブルファーム(株)が負担し、

  協議会会員は自由に使えるかたちを検討中。


 →(株)エム・シー・エスとの連動。
   食品残渣堆肥を有機農家が使用。(地域内循環のモデル)
   窒素量は現在量によって変わるためやや不安定。

   今後はエム・シー・エスが可給態窒素を測り、肥効データを

   生産者に伝えることでより的確な使用が可能。


 →7/19に(株)エム・シー・エス堆肥工場の見学、

  7/9三重県との打ち合わせ報告など含む、技術交流会を実施。

 

 ▼事業推進

  社会貢献的要素が強いもの事業推進部会で扱う。

 ― 7/3事業推進部会 ⇒ オーガニックフェスタ運営等議論
   生産者の関与を強化する~「圃場ツアー」組込。

   11月上野ハイトピア・12月名張いきいき開催

   食育の一環として「紙芝居」料理教室等イベント企画


 → 学校給食
   野菜を納品して終わっているのでもったいない状態。
   生産者が小学校に行き、紹介のパフォーマンスを行う。


 → 食育隊の結成
   地域の子供会に営業に行くなどして地域への普及をはかる。

   畑で野菜を収穫してそのまま料理に使う、などのイベント。

 → オーガニックフェスタ
   圃場ツアーを行う。フェスタ開催場所からマイクロバス

   で畑ツアーを行う。バスの中で生産者が語り、畑を見て

   戻ってくる。そこの野菜を使った料理が出てくるなど。

   出店者も畑を回るツアーを組みこみ、全体がしっかり

   繋がった形にする。実行のための人手などが課題。

 

 ▼有機農業者育成
  ― 新農業人フェアへの出店へ

    ホームページに紹介コンテンツをアップ
    地域向け、有機農業・環境保全型農業へ転換呼びかけ

    (技術指導などの枠組を用意)

 

 ▼環境直接支払い
  ― 無事提出完了

   最終的に本年申請 生産者12名、申請規模約22ha

 

 ▼事務局・連絡事項
  ― 三重県の農業環境指標等活用事業の受託
   排出CO2のLCA評価~消費者へのPR事業/伊賀ベジで受注

   ⇒伊有協生産者への協力要請


  有機農業がどの程度環境に優しいのか、数値化し、

  消費者への理解浸透を図る。

   … 福広農場研修生・今泉氏が主に担当していく。


 次回理事会の予定

   8/9(金)19:30~ @愛農学園内ログハウス